夢の話で0124

また夢を見ました。

 

顔は見たことのないメガネの人と

何かやり取りをしていました。

 

内容は覚えていないのですが、

その人は私と親しげでした。

 

私はこちらの世界の記憶も受け継いでいるので、この間古着屋に行った話をして、また行きたいという話をして

また行きたくなる古着屋ってすごいね、てきな話から、何か別の話になり

 

私は今の会社の就職試験を受け直すことになりました。

 

求人は2名、受ける人は10人ほどいました。

既に、社員の私なので贔屓目をされるかと思い、ペーパーの問題にきちんと取り組みませんでした。

 

回収の時、監修をしていたのは学生時代の担任で、何故回答を提出しないのかとコンコンと言われ、答案用紙をなくしたと嘘をつき、机周りを捜索しだしました。

 

 

というところで目が覚めました。

6:58だったでしょうか。

 

おはようござあいます。

 

夢カルテの結果はこちら。

 

この夢は、物事の発展を意味します。
何かを発展させていく時期なのかもしれません。

潜在意識では、何かが動き出すのを待っているようです。
新たな展開を広げ発展していくことを期待しているのかもしれません。
あるいは、本腰を入れて取り組むようにと催促している場合もあるでしょう。
いずれも、現状のまま留まることを望んでいないようです。
ストップをかけていることがあるなら、それは本心ではありません。
自信がなかったり、勝手に断念していたり、意欲が低下していたり、プライドや意地が
邪魔していたりと、何かがあなたを足留めさせています。
そうして自らチャンスを逃しているかもしれません。

今は、物事を進行させ充実させる時です。
計画中のことや進行中のこと、停滞していることや心の中でくすぶっていることなど
何らかの課題があるはずです。
今後を変えていくのはあなた次第だということを忘れないで!

 

ですって。

意味深。

 

 

ちあきでした、遅刻しちゃう。